トップ

2022-01-19

SEO対策

サイト更新

【問い合わせ件数を増やす】サイト公開してから効果的にサイトを運用(更新)する方法
 

まずはホームページ作成、ローンチ(公開)お疲れさまでした。

はじめてサイト作成をされた方は、サービスのメインターゲットにあったデザインや、操作性(UI)、言葉選びなどとても難しかったかと思います。


悩みに悩んで完成したそのサイト。

ここがゴールではありません。
これからがスタートです!


サイトを作成した理由を改めて思い出しましょう。

  • 受注件数を増やしたい
  • 問合せ件数を増やしたい
  • ネットでの露出を増やしたい
  • 認知度をあげたい
  • ブランディングを高めたい
  • サイトを使って広告を運用したい



このような理由でサイトを作成される方がほとんどかと思います。

サイト作成の目的を達成するためには「サイト更新」が必要不可欠です。


Googleでは、ユーザーが検索するキーワードに対して最も最適であるとされるサイトを検索時に上位表示されるよう設計されています。


自分のサイトが、ユーザー検索時に上位に表示されるようサイトを更新することを「SEO対策」といいます。

Search Engine Optimization
(検索エンジン最適化)


では、検索時に上位表示されるための効率的な更新方法を具体的にご紹介します。

SEO対策キーワードの選定

まずは、自社サービス(サイト)にて集客したい「キーワード」を選定します。

またキーワードを「ビッグキーワード」「ミドルキーワード」「スモールキーワード」にわけて選定すると、SEO対策をする際の最適な順番を見つけることができます。

(SEO)ビッグキーワード:難易度★★★

ビッグキーワードは検索流入数の多いものを指します。
検索の角度が広いキーワードを選定します。

(例)福岡の脱毛サロンの場合

  • 脱毛サロン
  • 脱毛
  • ヒゲ脱毛
  • 全身脱毛

検索するユーザー数は多いですが、ビッグキーワードでSEO上位を獲得する難易度はかなり高いです。
まずは「ミドルキーワード」「スモールキーワード」から検索上位を狙いましょう。

(SEO)ミドルキーワード:難易度★★☆

2つ以上のキーワードを組み合わせて、自社サイトとの関連性を高めましょう。

(例)福岡の脱毛サロンの場合

  • 脱毛サロン 福岡
  • 脱毛 福岡 サロン
  • ヒゲ脱毛 福岡
  • 全身脱毛 福岡

実店舗の場合は、業種名+地名 などでキーワードを選定するといいでしょう。
他にも、「脱毛サロン 格安」「脱毛サロン キャンペーン」等で尺度を高めてもいいでしょう。

(SEO)スモールキーワード:難易度★☆☆

まずはこのスモールキーワードで検索上位を目指しましょう。
より自社サービスに関連性が高くなりそうなキーワードを組み合わせたものにします。

(例)福岡の脱毛サロンの場合

  • 脱毛サロン 福岡 天神
  • 脱毛 福岡 メンズ
  • 脱毛サロン 福岡 完全個室
  • 全身脱毛 福岡 半額

より関連性を高めるために、実店舗の場合は地名にさらに追加して、市区町村のキーワードを追加してあげるとより関連性が高くなります。

まずはこの「スモールキーワード」での検索順位をあげることを意識していきましょう。

現在の順位を調べましょう(SEO対策)

キーワードの選定が終わったら、現状の数字を把握しましょう。

選定したキーワードに対して、自分のサイトがどの順位にいるのか調べることができるウェブサービスを利用すると簡単に現在の順位を調べることができます。

SEOチェキ( https://seocheki.net/



中央の URL 入力欄に自分のサイトのトップのURLを入力して「チェック!」を押してください。

サイトの情報が表示されて、その下にスクロールすると検索順位を検索する欄が表示されますので、そこにURLと選定したキーワードを入力して「チェック」を押します。

チェックを押すと、Google と Yahoo! での検索順位の結果が表示されます。

表示された順位を SEO対策シート に入力しましょう。
※Googleの順位測定をオススメしています


すべてのキーワードの掲載順位を SEO対策シート に入力が終わったら、まずは スモールキーワード で上位掲載を狙えそうなキーワードを選び、そのキーワードに関する更新 を行います。

検索順位を意識した更新をする(SEO対策)

・キーワードの選定 と、・現在の順位 を調べ終わったら、実際にSEOを意識したサイトの更新を行いましょう。

WordPressCMS)を導入している場合の方法を掲載します。
CMS導入していない場合は、業者に更新をお願いする必要があります。

業者から共有された更新用URLにアクセスしましょう。

(例)https://sample.com/wp-admin

IDパスワードを入力し、ログインしたらダッシュボードに移動しますので、サイドバーの 投稿新規追加 から記事(ページ)を投稿できます。

↑投稿画面

タイトルを追加 には、上位検索を狙っているキーワードを自然に織り交ぜながらタイトルを入力しましょう。

(例)「脱毛サロン 福岡」で上位検索を狙う場合
【福岡の脱毛サロンを徹底比較】サロンごとのメリットを解説



タイトル以外にも、ブロックを選択するには「/」を入力 と記載がある部分に本文を入力していく際に、キーワードを自然に入れ込むことを意識しましょう。

本文入力するときに「改行」をする場合は、「Shift+Enter」で改行ができます。
「Enter」を押すと改行ではなくブロックが追加されます。

ブロックを追加しつつ改行する場合、ブロックごとに文字サイズを調整したり、色を変更したりすることができます。

写真やファイルなど、文字以外のものを掲載する場合は、左上の「+」ボタンから選択して追加してください。

記事の作成が終わりましたら、右上の「プレビュー」より実際の掲載を確認してみましょう。

改行の場所や、画像の掲載場所、文字サイズなど問題ないか確認しましょう。


プレビューで問題なかった場合、「公開」作業を行います。

検索順位を意識した 記事(ページ)を公開

右上の青い「公開」ボタンを押すと、すぐにサイトに反映されます。

歯車ボタン(設定)を押して、「投稿」タブを選択すると、公開日時の設定 や、カテゴリーの選択をすることができます。

カテゴリーを選択することで、記事の掲載場所が変わる場合があります。
業者(デザイナー)に確認するか、カテゴリー選択をして公開したあと、掲載場所を確認してください。

検索流入数を調査する(SEO対策)

効率的に検索順位をあげるための、サイト更新の方法を実施したら、実際に検索キーワードからのサイト流入数を調査しましょう。


Googleから提供されている下記のツールを使用することをオススメします。

GoogleSearchConsole( https://search.google.com/search-console?hl=ja

利用にはGoogleアカウントが必要です。
業者にGoogleアカウントを共有し、Googleサーチコンソールの閲覧権限を付与してもらいましょう。
※Googleサーチコンソールを利用するには、サイト内に専用のタグを設置する必要があります。

サイドバーの「検索パフォーマンス」を選択すると、ユーザーがキーワード検索をした際にサイトが表示された回数や、実際にクリックされてサイト内にユーザーがはいってきた数がわかります。

グラフの下の「クエリ」や「ページ」を確認すると、どの検索キーワードでのサイト流入が多いかや、どのページへのアクセスがあるのかが確認できます。


この数字を確認しながら、より効率的なサイト更新(記事公開)を行っていきましょう。

最後に・・・

サイトは作ったら終わりではありません。
サイトは公開されからがスタートです。

SEO対策は簡単なものではありませんが、検索上位を狙うことは大きなプロモーションに繋がります。

更新したサイト(公開した記事)は、1ヶ月〜3ヶ月ほどでSEOに影響を与えます。
中長期的にSEO順位があがるような更新を意識して、サイトをより効果的なものに育てていきましょう。

SEO対策の業務委託もお受けしています。

春野デザイン事務所では、サイト作成まででなく、作成後のSEO対策も受託しております。
定期的なサイトの更新や、SEOを意識したページの作成等を行っております。

(SEO実績)
福岡の病院:ミドルキーワード1位獲得、ビッグキーワード1ページ目表示獲得(9位以内)
※お問い合わせいただきましたら実績の数字も参考までご提示いたします。

お問い合わせ

©2021 HARUNO design